日常生活に密接に関わる家庭日用品を製造する高田耕造商店。
毎日使うものだからこそ、使う人にも、ものにも、環境にもやさしくありたい。
大量生産・大量消費の時代を経て、現代では本質的な商品価値が問われるなかで
自分たちが製造する家庭日用品を見つめなおした時、源流には一本の棕櫚の木が生えていました。

棕櫚という自然のやさしさと、先人たちの育んできた知恵を現代の生活に合わせて共有すること。
高田耕造商店は、これらを紀州野上谷に生まれた職人としての使命であると考え、棕櫚束子の製作をつづけています。